読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にんにんぶろぐ

忍者みたいに隠れてるから。

サイン会 れぽ

グランフロント大阪内の紀伊國屋書店で開催された、清水玲子先生のサイン会に行ってきました🙈💕

このレポを書きたいがためにブログ開設してしまった。笑


(追記)投稿したあとにブログ確認したら、ちょいちょい文字が大きくなっているところがあるけど、あれはなに…。私なにも設定いじってないよ(涙) なれてないからこーなる…





❤︎書店❤︎
サイン会は電話予約で先着120名限定。
奇跡的に開始10分で電話が繋がり、予約することができました!

参加するにはseason0 4巻とパーフェクトファイルの二冊購入が必須。
私は大阪住みではないので、当日お店で購入しました🙂(帰ったらソッコー4巻読むぞ…!!!)

書店内には秘密の特設コーナーできていて、さらに複製原画展も開催されてました!
清水先生の生原画見たいなあ。

特設コーナーは書店員さんに聞いたら撮影OKだったのでサイン会終わりにパシャリしてきました。
(ネットにはあまり載せないでほしいとのことだったので、載せられませんが。。orz)

コミック二冊購入時に整理券を貰い、そこに自分のフルネームを記入(この名前を先生が書いてくださいます)。

お友達同士で来てる方が多くて、羨ましかった〜〜(T_T)ぼっちなれてるけど!!!
あと、浴衣着てる方も多かった。



❤︎サイン会 開始前のこと❤︎
開始は14時から。
私は早い番号だったので、15分前から列に並ぶようにと言われました。

整理券の番号通りに並ぶのかと思ったら違いました。早いもの順だった…たぶん私は20番目くらいでした🙂

そしてこれが、サイン会会場付近に飾ってあったポスター!


f:id:ninnin132:20160820175508j:plain



このポスターの前に整列。

道行く人が「なになに?」って見てきてちょっと恥ずかしい(笑)

でも中には「うわ!清水玲子!!」って興奮気味に言ってる方もチラホラいて、先生の凄さを感じました。


列で待機中に、アンケート用紙が配られて記入。結構な量があってビビる私。

でも頑張って埋めたよ!!


アンケート用紙の右下に、薪さんとパーフェクトファイルに出てきた猫ちゃんが載ってました。かわゆい💕



❤︎サイン会 開始❤︎

サイン会は定刻を過ぎてから開始。

2名〜4名ずつ会場の中に入る、という形でした。


参加する前に、前回行われた清水先生サイン会のレポを読んで、結構喋れるとの情報をキャッチしていたので、開始前はずっと何を話そうか考えてましたw


会場内に入る前に書店員さんに整理券を渡し、中へGO〜!


すごーーく小さい部屋で、壁には複製原画がびっしり!!

ゆっくり見る暇はありませんでした。笑

ていうか緊張がすごい。


私の前に4人ほどいたので、皆さんが何をお話しされるのか聞いてました。

1人はがっつり「萌えました!」と語っていて、すごいなぁ…!と!

反対に他のお二方は、あまりしゃべってなかったです。みんな緊張してたと思う。。だって目の前に神がいるんだもの。。


少し話が戻るんですが、会場内に入ってすぐ先生が見えて、その時の第一印象が


「なんか怖そう!!!!!」


でした。(笑)


だから、言おうと思っていたことを言うか本当に迷って、迷って、迷って、でもちゃんと言ってきました!!

だってもうこんなチャンス絶対ないし!!



前の人がサインしてもらっている間に、スタッフさんからサインしてもらうほうのコミックとアンケート用紙を渡すように言われました(そのスタッフさんが先生に手渡す形になってた)。

※二冊購入ですが、サインはどちらか一つのみ


前の人がサインしてもらってる間に、そのコミックを渡したスタッフさんに

「お手紙とか渡せますか?」

と一応聞いておきました(私の前にいた方たちは全員お手紙もプレゼントも渡していなかったので不安になった)。


そうしたら「はい、先生に直接手渡ししてあげてください」みたいなことを言ってくれました。ここでちょっと緊張ほぐれる。


そしてついに私の番!!

とりあえず小声で「お願いします…」という私。きもい。。


先生「では、ペンの色を選んでください」

(色が6種類くらいある)


私「じゃあ、黒でお願いします」

黒のペンを取り、先生書き始めるが、黒のインクが切れてる


先生「あれあれ、あ、そっか」

スタッフさんと私「うふふ」


そして先生が改めて書き始めます・・・

そこで、アレ?これ話しかけていいのか?ダメじゃね?邪魔じゃね?と一瞬思ったのですが、勇気を振り絞りました!!!


私「あの、ずっと気になっていたんですけど」

先生「はいはい?」


私「薪さんが、第九の飲み会の後に逢う予定だった人は誰なんですか?」


先生「あ〜〜!ふふふ(笑)」

スタッフさんたち「あ〜〜!ははは!(笑)」 

偉い人っぽいオジサマ「ははは、あ〜〜なるほどね…」



サイン会前に秘密全巻読み直して、やっぱり気になったのはここのシーンだったんです。

私が知る限りでは、まだどこにも回答がなかったので、思い切って聞いてきました、、(T_T)✨

(ちなみに私は腐ってるよ!)


先生に「は?ご自分で想像してください」って言われたらどうしよう…と思ったんだけど、予想に反してかなりウケてくれてホッとしました(笑)

スタッフさんたちもみんな笑ってくれた!(笑)やさしい。。


そのあとは「薪さん大好きです!」と伝えて退場。

本当は握手してもらうつもりだったのに、言いたいこと言えて舞い上がってたらすっかり忘れてました。ばかちん!!!!

あ、そうそう、サイン後に鈴木さんの名刺を貰えました(^O^)


退場後は書店員さんから「色紙にメッセージを」と言われたので、ちょろっと書いてきました。

色紙のど真ん中には薪さんがいましたよ♪かわいい〜




私のレポはこんな感じで終わりです。

長いな…


先生は、サバサバした雰囲気が出ているので一見怖そうに見えましたが、話しかけるとちゃんと返事をしてくださる優しい方でした✨




サイン会何時まで続いたんだろう?

ひとりひとり丁寧に時間をとってくださって、先生とスタッフさん、書店員さんに感謝!!


本当にありがとうございました(*^_^*)💕



先生に質問すること、もう一つ「目隠し薪さんのお相手は誰ですか?」って聞くか迷ったんだけど、パーフェクトファイルにちょっと書いてあったのでやめました。

でもやっぱり気になるよね。笑

誰だったんだろう〜〜!?




おわり







こんな長々と書いたけど、このレポ、誰かが読んでくれる日はくるんだろーか・・・


もしよければコメントお願いします!